目のクマができる原因

目のクマといえば、目の下が青くなる「青クマ」を、思い浮かべる方が多いでしょう。
青クマも、もちろん目のクマですが実は他にも色々な種類があり、その種類ごとに原因に違いがあります。

まず、多くの方がご存じの「青クマ」ですが、これは目の周りの血行が悪くなる事でできるクマです。
パソコンなど目を酷使する作業や、運動不足だと目の周りの血流が悪くなります。
目の周りの皮膚は他に比べ薄いので、血液がすけて見えて皮膚が青く見えるのです。
青クマは目の周りを温めるなどのケアで、解消できると言われています。

青クマの他に挙げられるのが、「茶クマ」です。
茶クマはアイメイクなどの色素沈着や、紫外線によるメラニン色素の沈着で、起こると言われています。
茶クマを予防するには紫外線から皮膚を守り、アイメイクは専用のリムーバーで丁寧に落とすケアを行いましょう。

そして、最後に挙げられるのが「黒クマ」です。
黒クマは名前の通り、目の下が黒っぽくなってしまう、クマの事を言います。
黒クマは老化などで目の下の皮膚がたるみ、その部分が影になる事で、黒いクマのように見えるのが特徴です。
アイクリームなどで日頃から、目の周りのアンチエイジングケアを行う事で、黒クマを予防する効果が期待できます。

 

30代を超えるとなぜ顔のシミが増えるのか?

ビタミンを取り入れると顔にできるしみ対策、予防、できてしまったシミに効果があると言われています。しかし、シミにも効果のあるシミと効き目のないシミと種類があります。

実は、30代を超えるとシミのほとんどが目の下、頬骨に沿ってできる肝班と言うシミの種類です。特色としては左右対称に頬骨付近にできています。肝班というシミは、ビタミンを取り入れても効果があまり期待できません。シミの効果のある美白化粧品を使ってもシミが薄くならず消えなければ肝班シミです。

市販の美白化粧品では効果が期待できないため、皮膚科に通う事をおすすめします。肝班はトラネキサム酸と言う成分のお薬で治療していきます。アミノ酸の一種ですが年齢がたつにつれて増えていシミをアミノ酸効果で目立たなくする事が可能な成分です。皮膚科でのトラネキサム酸は内服薬となります。薬局などでもトラネキサム酸配合の内服薬も売っていますが、副作用えお考えると医療機関で処方してもらう方が安心です。

化粧品にもトラネキサム酸配合の化粧水やクリームなどもあります。皮膚科に行く前のトラネキサム酸配合の化粧品で試してみるのもおすすめです。シミが消えないと思ったら早めにケアをしましょう。